霧氷の山 | 市川内科医院 院長のブログ│休憩室

長野県中野市三好町1-2-10 TEL:0269-22-3366 長野電鉄長野線「信州中野」駅 徒歩6分

タイトル背景

休憩室市川内科医院院長のブログ

▼ MENU

霧氷の山

2021年1月6日

私の医院の2階からは竜王山(1,900m)がよく見えます。雪が止んだ1月4日の午後、明るい日差しに照らされて、山肌は真っ白に輝いていました。白く輝いているのは霧氷です。霧氷は霧が何かの物体にくっ付いて急速に氷になり生じます。それに風で飛んできた霧がさらに付着し、極端に成長した状態は「エビの尻尾」と呼ばれ、風上に向かってどんどん成長します。

霧氷やエビの尻尾は日光に照らされると簡単に落ちてしまいます。写真左上は翌日の午後撮影したものですが、霧氷が大分落ちてしまって山全体が黒っぽく写っています。しかし、針葉樹、とくにオオシラビソに付着した氷ははがれにくく、それが成長したものが樹氷です。左上の写真でも、大きくしてみると樹氷ができかかっている樹があります。樹氷がさらに成長して、樹全体が雪や氷で覆われてしまったものが、スノーモンスターです。竜王山は標高が低いので、スノーモンスターはできませんが、横手山くらいの高い山では寒い冬はスノーモンスターができます。

pagetop