ホップの雌花 | 市川内科医院 院長のブログ│休憩室

長野県中野市三好町1-2-10 TEL:0269-22-3366 長野電鉄長野線「信州中野」駅 徒歩6分

タイトル背景

休憩室市川内科医院院長のブログ

▼ MENU

ホップの雌花

2021年2月15日

ホップは雌雄異株で、日本には雌株だけが導入されています。真夏に松かさ状の雌花を摘み取って、ビール醸造に使います。メソポタミアでビールの苦み付けに野生のホップを使ったのが起源です。日本ではホップの近縁のカラハナソウが山野に自生します。ホップの殺菌作用はビールの保存性を高め、大航海時代にイギリスからはるかインドまで送られるようになりました。

 

pagetop