湯町を流れる用水 | 市川内科医院 院長のブログ│休憩室

長野県中野市三好町1-2-10 TEL:0269-22-3366 長野電鉄長野線「信州中野」駅 徒歩6分

タイトル背景

休憩室市川内科医院院長のブログ

▼ MENU

湯町を流れる用水

2021年3月2日

湯町に戻ります。戦後の湯町は寂れ、大きな料理屋さんも次々と廃業していきました。昭和30年頃、廃業した料理屋の跡地に市内のレンズメーカーがレンズ工場を立ち上げました。レンズを研磨した排水を近くに流れる八ケ郷用水(中野揠→西条揠)に流したため、大きな公害事故が発生しました。研磨剤に含まれるカドミウムが下流の西条地区の水田を汚染したのです。カドミウムは「イタイイタイ病」を引き起こす物質で、解消に多大な経費が掛かりました。(続く)

 

pagetop